明日に向けて名刺をこさえる。

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017
765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-

ついに明日ですね。

私はチケット用意されなかった民なので、札幌でライブビューイング見に行きます。
UOもってくべきかまだ迷っているが、一応ペンライトぐらいは持っていく予定。

ついでにアレも用意しました。

続きを読む 明日に向けて名刺をこさえる。

掃除する時に最適なウェットティッシュとは。

今日は片付けをしていました。
なんだかモヤモヤっとする時、掃除をすると落ち着くような気がします。

学生時代に、唯川恵さんの本、「さよならが知っているたくさんのこと」を読んでから、そうするようになった気がします。

今日は、掃除をする際に今まで使ってきたウェットティッシュのお話。

続きを読む 掃除する時に最適なウェットティッシュとは。

アイドルマスターのプロデューサーについて思う事

あくまで、主観のお話。

最近、アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以降デレステ)にハマっている。

いわゆる、そのゲームをプレイしている人をプロデューサーと呼称される。

このプロデューサーについて、なんとなく周囲と認識がズレていると感じる。

プロデューサー≠自分

ゲームでアイドルがプロデューサーとやりとりがあるのだが、このプロデューサー=自分とは思えない点。

他のゲームにおいても、プレイしているキャラクターに自分を投影できない。

あくまでも、自分はプロデューサーを操作している人物であって、アイドルと一緒に走ったり、アイドルとレッスンをしたり、アイドルと戯れたり、そうしているのはプロデューサーだ。

プロデューサーは複数いる

あと、デレステにおいては、プロデューサーは一人じゃないと認識している。

  • アイドル一人一人に合わせた態度・言動
  • 150を超える人数をスケジュール管理している

この時点で無理久保なんですけど。
その規模だと社長だと思うんですけど。

 

ゲームプレイに支障は無いが、周囲のプレイヤーとの温度差はこういった事が原因なのだろうか。「幸子ぉぉぉ!」みたいにならない。
そんな私は浅利七海担当。
今後ともよろしくお願いします。

仕事をしていて話題がなくなる事。

最近感じるのは、仕事をしすぎるとダメだなって事。

逆に仕事無さすぎる時の事を思うと、どこかへ出かけたり、買い物に出かけたり、写真を撮ったり、遊んだり、何かと話題ができる。

自宅作業なので出勤しないから尚更悪化を極める。

そんな時に重宝したいのがラジオだった。

あぁ、今地元でこういう事やってるのかー、とか、ニュースや天気、そういった情報を聞くと自分だけが取り残されてる感から解放される。

けど、結構気が散る事に最近気づいてラジオを止めるようにした。

あぁ、いよいよ社会から孤立の人生に成り果てそう。

 

最近はデレステや艦これをたしなむことによって、それらを考えないようにしている。

別に社会から孤立することが絶対ダメという考えではないのだが、いくらか寂しさを感じる年になってきた。

マルチモニタ環境のWindows10でペンタブの設定

忘れないように覚え書き。

Windows 10にしてからのペンタブ設定って結構面倒でした。

BAMBOOのcth-461を使っていたのですが、ドライバがまずWindows10用のものがありません。なので、Windows8用のドライバをダウンロードして適用させました。

その後、

コントロールパネル > ハードウェアとサウンド > ワコムの設定

ペン>座標検出モード>マッピング>ペンモードの詳細設定>モニタの設定

で変更可能に。
設定するための階層深すぎない?新しいペンタブならここまで面倒ではないのかな?

そんな感じ。

Bandicamを買ってみた話。

PCの画面をキャプチャーしたり録画したりするのって、結構大変ですよね。

以前、生放送する用にAdobeのFlash Live Media Encoderを使用していました。
が、設定がイチイチ面倒で、生放送する先々によって微調整が必須でした。

最近は生放送をする事がなくなり、しばらく使っていなかったのですが、
仕事でデスクトップキャプチャーを使えばマニュアル作らなくてもいんじゃね?とか
ゲームの録画できるからよさそうだな~とか
そんな事を思い立ち、Flash Live Media Encoderを使ってみました。

が、しかし

設定しなおすのが大変、録画もaviでしか録画できなさそう。
録画ファイルがHDDを圧迫するようであれば、後々面倒。

そこで色々なソフトを試したのですが、結局行きついたのがBandicamでした。

Bandicamのいいところ

まず、設定がほとんどいらない。
サウンドデバイスさえ間違えなければ、サラっと録画できてしまう。

試用版だとロゴが入ったり、10分以上の録画ができないのですが、そのすごさに惹かれて購入を決意。

保存形式はmp4なので、そこまでデータ容量も圧迫しない。

このソフト一番の魅力は、個人的に録画する際の負荷が少ない事。

昔の録画ソフトって、1時間ぐらい録画した後に録画停止を押すとしばらく待たされます。
Bandicamは停止を押したらすぐにまた録画できます。

内部処理一体どうなってんだ・・・って思うほど軽い。

音声も多分自動でノーマライズ処理が行われてる感じなので、ステレオミキサーの音量上げすぎなければ大丈夫。

今のところ録画をミスる事もないので、記録媒体側のエラーが無い限り安定して使えそう。

あと、録画予約もあって便利。

今後欲しい機能

あればいいなぁ、というのは1点。

キャプチャーの縦横のピクセル数をいくつか保存したい。
この時はこっち!これはこっち!みたいにマイセットを3つくらい用意できれば、急いで録画しなければいけない時に便利かなーと。

もちろん、今のままでも十分。

ありました!プリセット機能があり、サイズ選択も割と簡単でした!
プリセットに名前も付けられるので非常に便利!

正直もう一つ欲しい

Bandicamってライセンスの数で値段が変わってきます。
勿論、多い方が1個あたりの値段が安くなります。

ただ、そんなに使わんだろうな~と甘くみてました。
デスクトップとノートパソコン用にあれば本当に便利。

アンインストールして交互に使えばいいんだけど、段々面倒になってきてる。

こういうソフトってAdobe CCから製品として出てこないもんなのかなぁ。

 

Bandicamの広告がa8.netにあったので!
すごいお世話になってるから広告貼っちゃうよ!



録画ツールとしてこれ1本あるとはかどる!

 

あと、Bandicutも超便利!
録画しすぎた時とかってトリミング(カット)するのメンドイのですが、mp4のままトリミングできて、エンコーディング値全く気にせず作業できるので時間ない時に便利!

フリー版だと動画の最初にロゴが出るだけなので、商用利用とか気にしないのであればフリー版でも十分つかえる!

 

けど、広告はっちゃうよ!



ASUS ZenPad 10 (Z300M)を購入してみた話。

新年あけましておめでとうございます。

あー、今年こそは何か書くべきだー!と思い立って筆を執るに至ったわけでございます。

さっそくですが、今回新しいガジェットを手に入れました。

ASUS ZenPad 10(Z300M)

そう、タブレットです。
10インチなので、大画面です。
それでも2万ぐらいだったのはお買い得だと思い、正月気分で買ってしまった。

元々、ASUSのNEXUS7(2012)やSHARPのAQUOS PAD SH08-Eを使っていて、片手持ちのタブレットだと案外使い道もあったのですが、なかなか画面を誰かに見せる時には小さいなぁと思ってたのもあり、10インチというサイズになりました。

購入目的

ざっくりあげるとこんな感じ

  • 電子書籍見やすいもの
  • 客先にデザイン確認のためもっていくデバイス
  • Android最新OSの実機をもっておきたい
  • デレステを大画面で見たい。

まぁ、最後のがちょっとした本命ですが。

使用感

AQUOS PADの時は、かなりタッチパネルが敏感だったので誤動作の嵐でした。
今回のはNEXUS7同様、誤動作は今のところありません。

横向きにした際、ディスプレイキーボードが結構大きめになるので、パソコンみたいなキー配置で指を置くこともできます。

片手で持つのもそこまで重量感じません。Sim無しのいいところですね。

ブラウザ

大きくみれるのはいいけど、ChromeとSleipnirの英字が重なって潰れるバグがあって使い物にならない。
Webビューとかアプリのバージョンダウンをおすすめされたが、セキュリティ的にどうなのよって思うので、そこらへんはアプリ側の対策待ちってことにしてます。
でも2016年11月にはそのバグがあったみたいで、ちょっと期待薄い感じです。

これ、もしかしてフォントのせいなのかな・・・。
Web屋としては、IEバグ同様に今後優しく対応しなければいけない案件かもしれませんね。メイリオ使うときに出るとか、游ゴシックならOKとか。
今度調べてみよう。

そんなこんなで、今はFirefox使ってます。
使い心地悪くないので、しばらくこのまま。

電子書籍

メモリーカードにデータ入れるならいいけど、Kindleのようなアプリで見ることになるとデータを内蔵のデータ領域に保存されるので、今後が心配。
圧迫してきたらキャッシュクリアして、という感じかな。

横向きで使うと、見開きで2p分見れるので、7インチ8インチのファブレットより本として見れる感じです。

自分は正直、電子書籍派なので、こういうデバイスはすごいうれしい。
データ容量16GBなのが本当に辛い。

iPad Proが本当のところ大本命だったのだけれど、予算の都合で・・・。

デレステ

画面はとても綺麗。いつもiPhone6sでみていたので、この画像こんなに引き延ばせるのかーと感動した。

iOS系からAndroid系に移行するとスタージュエル(ガチャを回すためのポイント)が0になるそうなので、今回は新規データとしてやってみてます。

操作感ですが、めちゃくちゃ悪い。
iPod touch 5thですら軽量2Dモードで音ズレなかったのに、ZenPadは結構ズレが生じる。フリックはまぁしょうがないとして、長押しの所が勝手に途切れることもあったり、音ズレだけの問題じゃあない。

これならAQUOS PADと同じくらいだなぁと思いました。まぁスペック大体一緒ですもんね。

3Dモードなどで観賞するだけなら全然問題ありません。むしろ綺麗。
なので、PV開放を目的に音無しでライブに挑んでます。

デレステを目的とするなら、やはりiPadだったなぁと思う。高いけどそれなりの価値あるね。

まとめ

ゲーム目的じゃなければ全然良い。
ノートパソコン使うまでもないような時にはぴったりですね。
今使ってるノートパソコンの充電が2時間もたないくらいなので、今後何かと重宝しそう。

大画面でコスパの高い、ZenPad10はしばらく使えそうです。
ケースを純正買おうか迷ってますが、もうしばらく様子見。