SEOについて長けてる人とは

どうもこんにちは。
久しぶりに筆をとる気になった小話、というより、最近特に感じたこと。
私はインターネット、WEB、ホームページ、検索、などについて様々な対策を練ったり、調べたりすることがございます。
そして、最終的に行き着く話題がSEOだったりします。
ですが、SEOに長けている人ってのはホームページを作る人ではありませんでした。
デザイナーでもありません。上司でも社長でもありません。
ライターのような人がいればまた違いますが、なかなかライターのような逸材は多くはないのが現状です。
では、どんな人間が適材なのか。
私見ではありますが、ご参考までに。

SEOとはなんぞ?

SEOとは、端的に言うとGoogleなどの検索に引っかかりやすくすること
若い人でもわかりやすい例えが、カラオケの曲検索ですね。
あらかじめ曲の情報にこういったものが記載されていると思われます。

  • 曲名
  • アーティスト名
  • 作曲者/編曲者
  • 年月日
  • 歌われた回数
  • 歌いだし

などなど。
検索されやすいように工夫が施されています。
ホームページでも同じような事を行っていて、世界中のデータから検索されやすいように工夫を行っており、それがSEOだったりします。
そこには労力もかかったり、お金もかかったり、戦略も・・・まぁいろいろ大変なんですね。
それはまぁさておき、SEOってこんな感じです。

どんな人がSEOに長けているのか

では、本題になります。
SEO対策に打ってつけの人材はどこにいるのか。
それはSNSのプロフィール欄を見ればわかります。
友人を欲していれば欲しているほど、プロフィール欄が埋め尽くされ、逆の意思が働くとプロフィール欄は、あっさりとしたものになっています。
主にその欄で書かれているのはこんなことです。

  • 好きな(嫌いな)アーティスト
  • 好きな食べ物
  • 好きな芸能人
  • 好きな作品
  • 好きなタイプ
  • 他のSNSのID
  • 最近思うこと
  • プロフィール欄を見た人へのメッセージ
  • 自分の性格
  • 自分の性別
  • 誕生日
  • 出身地
  • 親友の名前

・・・結構書かれていますよね。
これは、何も書かない人と比べたら友人が増える可能性高いということを本能的にわかっているからだと思います。
すごい基本的なことですよね?でもこういうの苦手な人いるのですよ。(自分もその一人ですがね・・・)
書き方は特に重要ではないんです。いかに引き出せるかなのです。
これが出来ると次の段階に進み易くなります。

優先事項を見出す力

プロフィール書けるからSEOもすぐにできんの?と言われれば、半分YESです。
情報をいかに引き出せるかを会得して、何か優先事項を見いだせれば7割YESです。
では優先事項とは、何か。
例として、「会社の名刺」を挙げます。
あの小さなサイズの紙に自分の事をどれだけ載せるのか。
載せたい項目が下記だとしましょう。

  • 会社名
  • 役職
  • 名前
  • 会社住所
  • 会社電話番号
  • 個人番号
  • メールアドレス
  • 実績
  • 事業内容
  • 会社のロゴマーク

これら全てを名刺の片面に記載したい!
デザイン未経験者だと「えっ、全部?」と、戸惑ってしまうかもしれません。
ここで順位を決めちゃいます。
会社として伝えなければいけないのは、おそらくこの順番だと思います。(会社によりけりですが)

  1. 会社のロゴマーク
  2. 会社名
  3. 名前
  4. 実績
  5. 事業内容
  6. 役職
  7. 会社住所
  8. 会社電話番号
  9. メールアドレス
  10. 個人番号

この順番に文字等の大きさを定めていき、下にいけばいくほどサイズが小さくなります。
このように優先事項がなんなのか見出すことができれば大丈夫です。

最後に

いかがでしたでしょうか。
最近自分自身が感じているSEOに長けてる人はこんな感じでした。
多分、こういった感覚がそもそも備わっていない人は「インターネットの感覚」が無いと言えます。
アクセス解析、サービス分析、導線誘導なども大事ですが、普通の感覚をまず大切にすることが何より大事だと思います。

私見ではございますが、社内からSEO担当を出さなければ行けない時は、上記のような人間を選出してみてはいかがでしょうか。
それでは、また。

ECCUBEの現在のページをダンプする方法メモ

忘れないように。よく忘れるんだなこれが・・・。

ECCUBEで、
・今のページの階層どうだっけ?
・ifで分岐してみたが反映されない。何故だwhy?

そんなときは現在の階層をとりあえず調べる!


<pre><!--{$smarty.server.PHP_SELF|@var_export}--></pre>

これをその対象のページで表示されるように編集する。

結果は↓


'/shop/index.php'

だったり

'/html/index.php'

だったり、これはインストール環境で様々です。

その他わからないことは、seasoft様のサイトが便利
http://seasoft.jp1.cx/ec/tips/smarty